京都大学に存在する、日本最古の木造の学生寮・吉田寮。
 築1913年のその巨大な寮は、長い間、京都のアート・音楽・演劇など、さまざまな活動の発信地として親しまれてきました。今も180名あまりの京都大学の学生が住む吉田寮。
その風景をおさめた写真集を、ここに出版します。

撮影:2006年12月
出版:2011年11月

大石貴子
吉田寮写真集制作委員会

<内容紹介>

Yoshida Dormitory Volume 1では、2006年12月に、アーティスト、大石貴子氏により撮影された吉田寮の写真を、読者がまるで、寮の中を歩いているかのように体験できるよう構成しました。

冒頭には、アート・グラフィティ評論家のナタリー・ヘゲルト氏に挨拶文を、また、元吉田寮生の高田敦史氏に「序説」、「元寮生からの言葉」をいただきました。写真集の最後には、同じく高田氏による、寮生の視点から吉田寮を写真とともに紹介する「吉田寮案内文」も掲載しました。

「吉田寮案内文」を片手に、写真集を通して、一緒に吉田寮を歩いてみませんか?

ブックデザイン・エディター:白藤 晋平

ナタリー・ヘゲルト (Natalie Hegert)

ニューヨーク、パリ、サンフランシスコで活動するアート・グラフィティ評論家。
ニューヨーク市立大学ハンター校大学院にて修士号を所得。 世界のグラフィティを専門とする 。
京都に一年間滞在し、日本のグラフィティについても研究した経験をもつ。
2010年のアジアソサエティー美術館の奈良美智展では、専属ライターを務める。

高田 敦史

2001年から2006年まで京都大学総合人間学部に在籍。五年間を吉田寮ですごす。
東京大学総合文化研究科にて修士号を所得。
現在KLab株式会社勤務。哲学と文学に傾倒するプログラマー。

大石 貴子

京都造形芸術大学情報デザイン学科卒業後、カナダとアメリカに留学。
ニューヨーク市立大学、ハンター校大学院にて修士号を所得する。

ビデオと写真、パフォーマンスを専門とし、社会的なテーマでの作品制作に打ち込む。また、アーティストとしての活動以外に、日本のアーティストをとりまく環境の改善と、アートある豊かな社会を目標に、さまざまな活動を展開する。主な活動に、「AAプロジェクトーアートと赤字の問題を考える(aa-project.org)」、「アート翻訳ドットコム(arthonyaku.com)」などがある。

大学院在学中には、ウィリアム・グラフ海外留学奨学金を受けベルリン、パリ、アムステルダムにて作品を制作、発表する。また、ミネソタ大学美術館での北アメリカ大学院アート展、オランダのアーティス・デンボッシュギャラリー主催のレジデンシープログラム「アートウィーク」より招待を受ける。

彼女の作品はこれまでに、ニューヨーク、ベルリン、メキシコシティー、バンクーバー、東京、京都などで発表されている。

http://www.takakooishi.com

割引情報、展覧会情報、新作のお知らせなどはこちら↓
TakakoOMをフォローしましょう
<仕様>

ソフトカバー、
全カラー98ページ、
レターサイズ(A4程度)
記事:英語と日本語のバイリンガル

吉田寮写真集

vol.2

グラフィティ・落書き編

2012年 春頃

発売予定

吉田寮写真集

vol.3

アート・舞台編

2012年 秋頃

発売予定

<吉田寮写真集の制作に携わった方へ>

 モデルやスタッフなど、写真集制作に協力していただいた方に、写真集デジタル版を一冊寄贈させていただいております。
こちらのアドレスまで、メールにてご連絡ください。

※ 吉田寮写真集に掲載されている全ての写真は、吉田寮自治会、また住人の皆さんからの許可をとって撮影、掲載してあります。
吉田寮の皆さん、ご理解とご協力、どうもありがとうございます。
copyright (c) 2011 by Takako Oishi.
All rights reserved.
Printed in the United States of America.
  
Photographs by Takako Oishi
Text by Atsushi Takada, Natalie Hegert and Takako Oishi
Book Design by Shimpei Shirafuji
Photo Retouch by Masaki Hori, Shimpei Shirafuji
Calligraphy by Kotaro Hatch
Translation and editing by Shimpei Shirafuji, Takako Oishi, Ross Terelle, Thomas Marks and Natalie Hegert
Staff and Member of the Committee of the Yoshida Dormitory Photo Book Project (2007): Kinya Kobayashi,
Atsushi Takada, Kengo Omori, Tsukasa Kondo, Gohei Hayashi, Hiroko Kotera